App Store、4月以降に申請される新規アプリは「iPhone X」対応を必須に

Smartphone125IMGL4210 TP V iphone x home screen

Appleはデベロッパーに対し、2018年4月以降、App Storeに申請される新規アプリは「Xcode 9」以降に含まれている「iOS 11 SDK」を使用して開発される必要があり、iPhoneで利用可能なアプリはすべて「iPhone X」の「Super Retina」ディスプレイに対応する必要があると通達している。

新規アプリに対する「iPhone X」対応の期限は明確化されているが、既にApp Storeに公開されている既存アプリに関しては明記されていない。

とは言え、いずれ対応必須になることは明白なので、早めの対応が良さそうだ。

(via 9to5Mac

あわせて読みたい