App Store、2018年7月以降の申請アプリは「 iOS 11 SDK」の利用と「iPhone X」対応が必須に

Smartphone125IMGL4210 TP V iphone x home screen

Appleはデベロッパーに対し、2018年7月以降、App Storeに申請されるアプリのアップデートは「iOS 11 SDK」を使用している必要があり、iPhone X」の「Super Retina」ディスプレイに対応する必要があると案内している。

今年2月半ばにAppleは新規アプリに対し、4月以降の申請分に関しては「iOS 11 SDK」の利用と「iPhone X」対応を必須としていた。今回は同じ条件が既存アプリのアップデートに適用される。

よって、2018年7月以降、新規申請・またはアップデート申請する場合は「iOS 11」および「iPhone X」対応が必須条件となる。開発者の皆さんはご注意を!

関連キーワード
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索