任天堂、スマホ向けゲーム第1弾は「Miitomo(ミートモ)」!2016年3月にリリース予定

Miitomo
本日行われた任天堂の経営方針説明会にて、同社として初のスマホ向けゲーム「Miitomo(ミートモ)」を正式に発表した!ただし、リリース時期は年内ではなく、2016年3月までに延期されるとのこと。

Launch date of Nintendo’s smartphone games has been delayed. Launch will be March 2016, not year-end. Nintendo eyes global launch, depending on the game.

via Nintendo Unveils First Smartphone Game–Live Blog – Japan Real Time – WSJ

「Mii」を活用したアバターコミュニケーションアプリ

世間が期待していたようなアプリは大幅にズレていると言っても過言ではない任天堂初のスマートフォン向けアプリ。

では、この「Miitomo」とは一体どのようなアプリなのか。決算説明会の参考資料によると「似顔絵キャラクター『Mii』が活躍するコミュニケーションアプリ」とのこと。自分自身の「Mii」を作成し、「Mii」に話しかけられた内容に対して返答することによってコミュニケーションを取る仕組みになっている。

Miitomo
スライドでは「新感覚の『ネタふりコミュニケーション』」「『ネタふりコミュニケーション』から生まれる意外な人間関係」などと謳っているが、正直、現段階では全く魅力を感じない。

そもそもゲームと呼んで良いのかさえ疑わしい。どちらかと言うとアバターコミュニケーションアプリに近いかもしれない。初のスマホアプリを出す任天堂が手を組んでいるのは過去に「comm」を失敗したDeNA。若干の不安があるのは僕だけではないはず。

なお、DeNAとの関係性を聞かれると任天堂の専務取締役を務める宮本茂氏は、DeNAはゲームのオペレーションに徹していると説明。このことから、「Miitomo」のアプリデザインは全て任天堂が担当していると考えられる。宮本氏は「スーパーマリオシリーズ」や「ゼルダの伝説シリーズ」、「ドンキーコングシリーズ」などの生みの親として知られている。

当初は年内リリース予定だった「Miitomo」だが、年明け3月に延期された理由として、他のタイトルも並行して開発やプロモーションを進めていることを挙げている。また、「Miitomo」を理解してもらうためにまだ時間が必要であるとコメント。初のスマホゲームをに本腰を入れるのは年末商戦終了後になるそうだ。

第1弾にあまりテンションが上がらなかった人も多いかもしれないが、2017年3月までに合計5本のスマホ向けアプリをリリースするという方針は変わっていないとのこと。使用するIPに制限はなく、すべての任天堂IPについて活用するチャンスがあることを明らかにしていることから、残り4本のアプリに期待しましょう。

「Miitomo」の詳細および経営方針説明会で発表された内容を確認したい人は以下からどうぞ。

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法