学生みんなが特待生。

Super Mario Run、セキュリティ上の理由でオフラインモードは提供せず

Super Mario Run

12月15日に正式リリースが予定されている任天堂初のスマートフォン向けマリオアプリ「Super Mario Run」はセキュリティ上の理由でオフラインモードは提供せず、プレイするためにはインターネットに常時接続している必要があることをMashableとのインタビューの中で宮本茂氏が明らかにした。

ここで言う”セキュリティ上の理由”とはアプリケーションの盗作、つまり海賊行為だ。インターネットに常時接続している必要がある仕組みにすることによって、仮にアプリをリバースエンジニアリングで組み立てることに成功したとしても、任天堂側のサーバーを通した瞬間に不正が明らかになるからだと思われる。

マリオを守るためにやむを得ない対策

この判断には批判的な声がありそうだが、マリオと言う任天堂の誇る神聖なコンテンツを守るためにはこのような仕組みを提供する他なかったのだろう。

実際、宮本氏はオフラインプレイを可能にした状態で海賊行為を阻止する方法は現状不可能であると指摘している。

We wanted to be able to leverage that network connection with all three of the [Super Mario Run] modes to keep all of the modes functioning together and offering the game in a way that keeps the software secure. This is something that we want to continue to work on as we continue to develop the game.

ただし、iOSバージョンを最初にリリースした理由もセキュリティ上の理由である、とコメント。あくまでも現状の開発状況をもとに発言していることを強調しているため、将来的にはオフラインモードが提供される可能性はゼロではないかもしれないが、少なくともリリース時はオフラインプレイは不可能だ。

これは飛行機の中や電波の届かない地下鉄の中など、圏外では一切プレイできないことを意味する。日本国内では不満が噴出しそうではあるが、マリオを守るために任天堂が下した苦渋の決断であると想定されるので、文句は言わずに通信できる環境で楽しみましょう!

正式リリースに向けて紹介映像やプロモーション動画が公開されているので、まだ見ていない人はチェックしておくべし!

(via 9To5Mac