「MarsEdit 4 Public Beta」、公開!7年ぶりにアップデートへ

MarsEdit 4 Coming Soon

Macを使い、WordPressでブログを書いている全ブロガーに朗報だ!

ブロガー御用達のエディター「MarsEdit」が7年ぶりとなるメジャーアップデートに向けて「MarsEdit 4 Public Beta」を公開している。ダウンロードは公式ページの「Download the MarsEdit 4 Public Beta」というリンクからどうぞ。

最新バージョンはマークダウン記法をサポートする他、更新に掛かる時間の短縮や「Safari App Extention」対応が実現されている。従来は多くても数十本しか取得できなかった最新記事も全記事が取得可能になり、過去記事からの情報をもとに新規記事を作成しやすくなる。WordPressの場合、投稿フォーマットやアイキャッチ画像の指定も可能になっている。

あくまでもパブリックベータ版であるため、MarsEditが正常に動作しなくなると仕事に支障をきたすという人は正式リリースまで待った方が良いかもしれないが、サブ機がある人や万が一のことがあっても自分で対処できるという人は最新バージョンを一足先に試してみるべし!

「MarsEdit 4 Public Beta」の新機能一覧

  • Editor Enhancements
    • Visual formatting bar – Select common formatting options with the mouse.
    • Typewriter Scrolling – View menu option to keep typing vertically centered.
    • Multimarkdown support – Enhanced functionality when previewing Markdown content.
    • Faster Preview filtering – Code-based Markdown and Convert Line Breaks filters.
    • Interactive image sizing – Rich text mode supports direct manipulation of image display size.
    • Improved “Split Post” UI – Splitter now presented inline in post content.
  • WordPress-specific enhancements
    • Faster refresh times.
    • Featured Image support.
    • Post Format support.
    • Per-post Author editing support.
  • Improved system integration. Now supports standard autosave and version history for locally saved drafts.
  • Expanded post downloads. WordPress and Blogspot blogs can now be configured to download the entire history of posts instead of a recent subset.
  • Automated preview templates. Click the “Download Template…” button from the template editor to automatically detect your blog’s theme.
  • Safari App Extension. Active the “Send to MarsEdit” extension in Safari to easily create new drafts citing the page you are viewing.
  • Application Sandbox. The app is now sandboxed for increased security.

(via 9to5Mac