Anker、Alexaに対応したロボット掃除機「Eufy RoboVac 15C Max」を発売

音声で掃除開始・一時停止・再開・終了・充電ステーションへの帰還・位置確認等の操作が可能に

Eufy RoboVac 15C Max

Ankerは7月30日、Eufy RoboVacシリーズにおいてAmazon Alexaに初めて対応し、音声操作が可能になったロボット掃除機「Eufy RoboVac 15C Max」を発売した。価格は22,800円。

音声操作は、掃除開始・一時停止・再開・終了・充電ステーションへの帰還・位置確認が可能。専用アプリからの操作も対応し、掃除開始・終了やスケジュール設定、モード変更も行える。

Eufy RoboVac 15C」のアップグレードモデルとして位置づけられ、従来モデルと変わらない約7.2cmの薄型設計のまま、吸引力は1,300Paから2,000Paまで向上。電子レンジの稼働時と同程度の静音性も実現し、夜間や在宅時でもパワフルな掃除が可能だ。

床環境に合わせて吸引力を調整する独自技術「BoostIQテクノロジー」もサポートする。毛先の長いカーペットなど吸引力が必要な場所では自動的に吸引力を引き上げる。

偶然にもプライム会員向けに、Echo Dot(第3世代)とAmazon Music Unlimitedの個人プラン1カ月分のセット1,280円で販売するセールが開催中。”掃除のスマート化”に本腰を入れたい人は、この機会に買ってみてはどうだろうか。

関連情報
カテゴリ家電製品
タグ#Anker
更新日2020年07月30日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「家電製品」新着記事
トレンド検索