世界初のデュアルタービン搭載!Anker、最上位ロボット掃除機「Eufy RoboVac X8 Hybrid」を発売

水拭きにも対応する2-in-1仕様、従来の最上位モデルと比べて吸引力は約7.5倍

Eufy RoboVac X8 Hybrid

Ankerは11月30日、スマートホームブランド「Eufy」において、ロボット掃除機の最上位モデル「Eufy RoboVac X8 Hybrid」を発売した。世界初となるデュアルタービン仕様で、最大2,000Paの吸引力を実現。従来のハイエンドモデル「Eufy RoboVac L70 Hybrid」と比べて約7.5倍だ。

Eufy RoboVac X8 Hybrid 2

従来のロボット掃除機では吸引が難しかった大豆サイズのゴミも吸引可能。ペットの毛などカーペットやフローリングに張り付いて取りづらいものも、吸い取ってくれる。フローリングへの水拭き機能も対応しており、環境や目的に合わせてクリーニングモードを使い分けられる。

Eufy RoboVac X8 Hybrid 3

マッピング機能は改良され「A.I Mapテクノロジー2.0」に進化。自ら掃除経路を設計するだけでなく、複数階のマップをEufyHomeアプリに記録しフロアごとに効率的に掃除が可能になった。

Eufy RoboVac X8 Hybrid 4

専用アプリを利用すれば、掃除経路はリアルタイムに確認できる。掃除の開始・終了、クリーニングモードの変更や、掃除スケジュール設定が設定できるほか、マッピングされた情報をもとに進⼊制限エリア、掃除強化エリア、⽔拭きエリアなどを細かく指定できる。

掃除時間は最大150分、充電時間は約240〜300分。ダスト容器の容量は400ml、水タンクの容量は250mlとなっている。



				
								
								
								
				
関連キーワード
公開情報
更新日2021年11月30日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「家電製品」新着記事
トレンド検索