Ankerから長寿命アルカリ乾電池が登場!最大10年保蔵可能

普段使用している電子機器のために使うのも良いが、災害時に用意してある防災グッズ用として取っておくのも良さそう

Anker Batteries That Last 10 years

Ankerは10月16日、Anker アルカリ乾電池 単3形」および「Anker アルカリ乾電池 単4形」を販売開始した。単3形 (24本パック)単3形(48本パック)単4形(24本パック)単4形(48本パック)として販売されている。

インターロック構造と破損しにくいラバーシールで長期保存を実現

この乾電池の特徴は、長期保存と長寿命。インターロック構造と破損しにくいラバーシールを組み合わせたPowerLockを採用することで実現し、劣化や液漏れをすることなく最大10年間の長期保存が可能だという。

Anker 10years battery

普段使用しているマウスやリモコンなどに使用するのも良いが、災害時に用意してある防災グッズ用として取っておくのは良さそう。単3形(48本パック)でも2,000円ちょっとで買えるので、一気にまとめて買っておいてストックしておけば、いざという時に電池切れになることも少なさそう。

先日の台風19号のために我が家では家にあった乾電池を配置したところ、単三電池がなくなってしまった。この機会にAnker製乾電池を追加購入し、今後のために備えておきたいと思う。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「ガジェット」新着記事
トレンド検索