iOS版「Google Chrome」がオープンソース化

Google Chrome」のiOSアプリがオープンソース化されることが発表された

GoogleのMac/PCブラウザ版やAndroidアプリはGoogleのオープンソースプロジェクト「Chromium」に含まれていたが、iOS版はAppleがブラウザアプリにおいてWebKitレンダリングエンジンを使用すること義務付けていたため、オープンソース化するのに時間を要してしまったとのこと。Chromeは独自のレンダリングエンジン「Blink」を使用しているため、これら2つに両対応するまでオープンソース化を見送っていたそうだ。

数年間の開発を経て、本日、iOS版「Google Chrome」がオープンソース化した。これによってiOSアプリの開発がスピードアップすることに加え、他にもiOS向けのブラウザアプリが登場することが期待される。

公開されたソースコードはこちらからどうぞ

(via The Verge

あわせて読みたい