7インチ型スマートディスプレイ「Google Home Hub」の製品画像がリークか

Google Home Hub Leak Front 1

Googleが開発中とされる、スマートホームハブとして機能するスマートディスプレイ「Google Home Hub」の製品画像MySmartPriceが公開している。

ディスプレイは7インチ型のタッチスクリーン。残念ながらAndroid OSのフルバージョンがインストールされているのではなく、Googleアシスタントのみの使用を想定した設計となっていると見られる。背面にはスピーカーとミュートボタンが配置されている。

ディスプレイを活かしたスマートホームハブとして機能

本体サイズは67.3 x 178.5 x 118mm。「Google Home Max」ほどではないものの、デザイン面では通じる部分があるとのこと。重さは480g。同梱されているケーブルは1.5メートル。

スマートディスプレイは、言うならばディスプレイを搭載したスマートスピーカーとも言える。そのため、音声操作だけではなく操作内容を画面上で確認することができる。

「Gogoleフォト」とも連動し、「ハワイで撮影した写真を見せて」と話しかけるとディスプレイ上に該当する写真が表示される。

Wi-Fiは2.4GHzと5GHzの両方をサポート。Bluetoothの接続性能も改良されているが、詳細は明らかになっていない。環境光センサーセンサーを搭載しているが、カメラの搭載は確認できなかったという。

Google Home Hub Leak back

価格は不明。10月9日にニューヨークで開催予定の発表イベントで披露されると見られている。