日本版のGoogleマップ、刷新へーー今後数週間以内に提供開始

Henry perks 1320570 unsplash google maps

Google Japanは3月6日、今後数週間以内に新しくなった「Googleマップ」を提供開始することを予告した。

同サービスにおける次のステップとしてより柔軟かつ包括的なマップを提供することとし、ストリートビュー画像、交通機関を含む信頼のおける第三者機関から提供される情報、最新の機械学習技術、地域のユーザーからのフィードバックなどを活用し、新しい地図を開発。

Googleはテクノロジーを得意とするが、それぞれの場所を一番熟知している各地のユーザーから提供される情報。地図を作る上でそれらの情報は欠かすことができない。

新しい地図では、ユーザーがより簡単にフィードバックを送れるようになり、提供された情報をもとにGoogleは地図を最新の情報にアップデートすることができるようになる。

これにより、地図の使い勝手向上が期待される。例えば、「次を右折」という指示ではなく「コンビニで右折」といったように、ランドマークを目印とする分かりやすい徒歩ナビゲーションが可能に。今後数ヶ月の間にはより便利な乗換案内ダウンロード可能なオフラインマップなどの機能も加わるとのこと。