Googleマップ、15周年を記念してアイコンを刷新 新機能を追加へ

iOS/Androidアプリのタブが改良、乗換案内機能を強化、ライブビューの拡張

Google Maps 15th anniversary 01

Googleマップ」が15周年を迎えたことを記念し、見た目の改良や新機能の追加発表した。iOS/Android向けアプリのタブが見直され、乗換案内機能の精度が向上し、ライブビューを拡張する。

Googleマップ」のアプリアイコンも刷新。世界をマッピングしてきた進化を表すものにアップデートされている。15周年を記念して、期間限定で特別な車のアイコンがナビゲーションで出現する。


iOS/Android向けアプリのタブを見直し、必要な情報にアクセスしやすく

iOS/Android向けアプリは、従来3つだったタブが、スポット、経路、保存済み、投稿、最新の5つに増える。各タブの機能は以下の通り。

Google Maps 15th anniversary 00

  • スポット:地元のレストラン、周辺の観光スポット、街のランドマークなど、世界中にある約2億の場所に関する情報、評価、レビューなどをチェックできる。
  • 経路:車および公共交通機関を利用した、最も効率的なルートを確認できる。毎日の通勤ルートを設定することで、リアルタイムの交通情報、移動時間、別ルートの提案などを受け取ることも可能。
  • 保存済み:保存した場所を表示できる。
  • 投稿:道路や住所、地図に載っていない場所、クチコミ、写真の詳細など、現地を知っているからこその知識や情報を簡単に共有できる。
  • 最新:地域の専門家やパブリッシャーから提供される、トレンドや必見スポットのフィードにアクセスできる。

過去の利用者が提供したデータに基づき、乗換案内機能も改良

新しくなった「Googleマップ」では、過去の利用者が提供してくれたデータを参照することで、ルートに関する詳細情報が利用可能になる。その一例は以下の通り。

Googleマップ

  • 気温:利用者が過去に寒いと感じたか暖かいと感じたかを事前に確認できる。
  • アクセシビリティ:特別な支援や補助が必要な場合、係員の有無、バリアフリー出入口や座席、非常停止ボタンまたは高可視LEDなどが利用できる公共交通機関を特定できる。
  • 女性専用車両:女性専用席や女性専用車両の有無を確認できる。
  • セキュリティ:保安要員、監視カメラまたは非常電話の有無を事前に確認できる。
  • 車両編成:車両編成に基づいてルートを選択できる。日本限定の機能。

昨年には、公共交通機関の混雑度予測の提供が開始されている。

ライブビューの拡張

Googleは、昨年から提供を開始した「ライブビュー」を、今後数か月にわたって拡張すると発表。目的地までのアシストの向上により、移動距離と目的地の方向をすばやく確認できるようになるとのこと。

Googleマップ

ライブビューは、ストリートビューの画像、機械学習、スマートフォンのセンサーを組み合わせることで、周囲の風景に拡張現実のナビゲーションを重ねて表示できる機能だ。

関連キーワード
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Googleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索