Googleマップ、車椅子やベビーカーで利用可能な乗換案内を表示するオプションを追加

Wooozxh 296121 unsplash wheelchair

Googleマップは米国時間3月15日、経路オプションとして「車椅子対応」を追加したことを発表した。

「車椅子対応」という名称ではあるものの、段差がなくエレベーターが用意されている経路を提示してくれるため、ベビーカーを利用している子連れの親御さんにとっても大いに役立つはず。

「車椅子対応」の経路を表示する方法

同機能は日本語版の「Googleマップ」アプリでも利用可能。アプリを立ち上げ、目的地を入力し、右下にある「経路」ボタンをタップ。
Google Maps Wheelchair Option 02 2

経路の一覧が表示されるので、公共交通機関における経路を表示させた上で「オプション」をタップ。
Google Maps Wheelchair Option 03 2

「経路オプション」の「優先モード」として「バス」「電車」、経路として「最適な経路」「乗り換えが少ない」「徒歩が少ない」などがある中、新たに「車椅子対応」が追加されている。
Google Maps Wheelchair Option 01 2

残念ながらまだ一部の都市しか対応しておらず、ロンドン、ニューヨーク、東京、メキシコシティ、ボストン、シドニーからスタート。今後数ヶ月のうちに各国の交通機関と協力し、車椅子対応のルートを増やしていくとのこと。

個人的にもベビーカー移動が増えているため、このオプションは大歓迎。早く対応エリアが増えることを願う。

関連記事