Googleマップ、バスのリアルタイム遅延情報や混雑予測を表示開始

混雑予想はバス・電車・地下鉄の過去の混雑状況にもとづいて表示

Henry perks BJXAxQ1L7dI unsplash google maps

Googleは6月28日、「Googleマップ」において、公共交通機関側からリアルタイム情報が直接提供されていない場合でも、バスの遅延情報をリアルタイムで確認できる機能を追加したことを発表した。

この機能は、バスの遅延情報を路線上の実際の交通状況にもとづいて表示し、より正確な移動時間を確認できるという。また、マップ上で遅延が発生している場所を正確に知ることができるため、実際にバスに乗る前にあらかじめ交通状況を把握できる

Google Maps Tokyo

また、バス・電車・地下鉄の過去の混雑状況にもとづいて、混雑度の目安を表示する混雑予測の提供を開始することもあわせて発表した。

Crowdedness Yamanote

あらかじめ混雑度を知ることで、時間に余裕がある場合には乗る電車やバスを数本見送り、混雑を避けることも可能に。

これらの新機能は世界の約200都市でAndroidおよびiOS版の「Google マップ」で利用でき、本日から提供開始されている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Googleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索