Google、自社タブレットから撤退

Googleブランドのタブレットデバイスは「Pixel Slate」が最後となる、Pixelbookシリーズに注力

Google Pixel Slate

Googleは自社タブレットの開発から撤退し、2018年に発表した「Pixel Slate」を最後に後継モデルは発表しない方針を明らかにした。

Computerworldによると、同社は年内に新しい小型のタブレットデバイスを2種類発表する予定だったが、それらの計画を取り止め、「Chrome OS」が動作するラップトップデバイスに注力することを決定したという。

Googleは「タブレット」を「キーボードから完全に分離できるデバイス、または最初からキーボードを搭載していないデバイス」と定義づけている。よって、「Pixelbook」は今回の対象ではなく、「ラップトップ」と分類され、今後Googleが注力する分野でもある。

「Pixel Slate」のサポートは続けるとのこと。

Googleがなぜタブレットデバイスの開発を止めた理由は明らかになっていないが、AppleとSamsung圧倒的なシェアを誇るタブレット市場において、Googleは上位5社にも含まれず、これ以上注力することは懸命ではないと判断したのかもしれない。

(via MacRumors

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Pixelニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索