【iOS 11】Google AMP記事をシェア時に通常URLに戻す仕様に

Gorime macbookpro review mockup image

iOS 11」では「Google AMP」形式の記事をシェアした際に、「Google AMP」のURLではなく通常のURLに戻した状態でシェアしてされることが明らかになった。

Google AMP」とは「Accelerated Mobile Pages」の略で、モバイル端末でウェブページの表示速度を高速化してくれる仕組みのことを指す。確かに表示は速くなるものの、通常の表示と異なり実装に様々な制限が課せられ、URLもGoogleのドメイン化に強制的に変えられてしまう。

強制的に変えられてしまったURLを元通りにした状態でシェア可能にしてくれるのが今回発見された変更点。「iOS 10」では「Google AMP」のURLのままシェアされてしまうため、「iOS 11」からは本来ウェブ製作者が見せたいページを見せることができる。

(via MacRumors

もっと読むiOS 11まとめ