新型iPad、A12チップを内蔵か

10.2インチ型iPadの次期モデル、プロセッサ性能が劇的に進化する可能性

David svihovec MEYLz0o9buI unsplash

新型iPad(第8世代)は、A12チップを内蔵する可能性がある。Appleに関する情報を正確に予測した実績を持つ有没有搞措氏によると、iPad(第8世代)に内蔵されるチップは、iPhone XSiPhone XRと同じ性能を持つという。


iPad(第7世代)は、A10 Fusionチップを内蔵、10.2インチ型ディスプレイを搭載、Smart KeyboardApple Pencilをサポートしている。32GBモデルと128GBモデルが用意され、価格は34,800円から購入可能。

Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏は、投資家向けの最新レポートでAppleが10.8インチ型iPadを2020年後半に発売すると予測。iPhone SE(第2世代)と同様に、高性能チップと手頃な価格が特徴になると伝えている。

ストーリータイムライン
6本の記事を表示する
関連情報
公開日2020年05月15日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    大幅性能アップじゃないですか!
    クロックダウンとかはされるんですかね?

    1. g.O.R.i

      どうでしょうねぇ〜🤔

「iPadニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索