「iPad (第5世代)」のディスプレイ、「iPad Air」より44%明るいことが判明

Ipad 5th gen

Apple曰く、「iPad (第5世代)」は「より明るい9.7インチRetinaディスプレイ」を搭載していると発表しているが、一体どの程度明るくなったのだろうか。

「iPad (第5世代)」の分解レポートを公開していたiFixitによると、「iPad (第5世代)」のディスプレイは「iPad Air」より44%明るいことを発表している!


iPad Air 2」は「iPad Air」よりも画面が暗かった

「より明るくなった」という表現からはどのモデルに対してどの程度明るくなったか、全く分からない。

実は「iPad Air 2」は「iPad Air」よりもディスプレイが8%暗く、ディスプレイの電力効率が16%も低下していることが明らかになっていた。これは反射防止コーティングが施されていることが原因となっていて、光の映り込み防止と引き換えに暗くなってしまっていたようだ。

「iPad (第5世代)」は反射防止コーティングが施されていないが、「iPad Air」から44%も明るくなったことを考えると「iPad Air 2」と並べて比較すると目に見えてその違いが分かりそうだ。

なお、「iPad (第5世代)」のデジタイザーは「iPad Air」でも利用できるとのこと。何か血迷って最新モデルの液晶を旧モデルと差し替えても動作するそうだ。


(via 9to5Mac