iPhone 13 ProとiPad ProのProMotionディスプレイ、対応リフレッシュレートが異なる

iPhone 13 Proは10Hzまで下げられるが、iPad Proは24Hzより低いリフレッシュレートは非対応

Iphone13pro and ipadpro11inch display 01

iPhone 13 ProiPhone 13 Pro Maxは、iPhoneとして初めてProMotionディスプレイを搭載した。iPad Proは何年も前から対応しているが、LTPO技術の採用によりiPhone 13 Pro/Maxのほうが細かくリフレッシュレートを変更できる

Appleの開発者向けドキュメントによると、各デバイスのリフレッシュレートとタイミングは以下のとおり。

iPhone 13 Pro/Max
対応リフレッシュレート
iPad Pro
対応リフレッシュレート
120Hz (8ms) 120Hz (8ms)
80Hz (12ms)
60Hz (16ms) 60Hz (16ms)
48Hz (20ms)
40Hz (25ms) 40Hz (25ms)
30Hz (33ms) 30Hz (33ms)
24Hz (41ms) 24Hz (41ms)
20Hz (50ms)
16Hz (62ms)
15Hz (66ms)
12Hz (83ms)
10Hz (100ms)

iPhone 13 Pro/Maxはリフレッシュレートを10Hzから120Hzまで変更できるが、iPad Proは24Hzから120Hzまで。Appleはハードウェアとソフトウェアを密接に連携できることから、細かく対応することで描画が滑らかになる。また10〜24Hzまで対応することで、静止コンテンツを表示する際のディスプレイ消費電力を抑えバッテリーの節約に貢献する。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPad Pro」新着記事
トレンド検索