iPadOS 16、アプリウィンドウのサイズが変更可能に?マルチタスク大幅刷新の噂

新しいマルチタスクUIは「WWDCで発表される最も大きい進化の1つ」

Iphone and ipad related features 01

Appleは、iPad向けのOSの次期バージョン「iPadOS 16」で、マルチタスク機能を大幅刷新する可能性がある。Bloombergによると、iPadOS 15に比べて開いているアプリが視覚的に見やすくなり、アプリ間の行き来がしやすくなるという。

またアプリウィンドウのサイズを変更できる機能の追加を予測。Macに似た操作性が提供される可能性がある。「iPadOS 16」の新しいマルチタスクインターフェースは、”WWDCで発表される最も大きい進化の1つ”としている。

iPadの大画面を活かす操作性に期待

iPadのハードウェア性能は年々向上しているが、ソフトウェアの進化は追いついていない。Appleの狙いは”ノートPCの代わり”だが未だに”iPhoneの大画面化”に留まっており、最新iPadOSの発表後は失望の声で溢れることが毎年恒例になっていた。

iPadOS 15では、2つのアプリを並べて表示(Split View)したり、その上に3つ目のアプリを表示したり(Slide Over)するマルチタスク機能は備えている。Bloombergによると、新しいマルチタスク機能はこれらをベースに改良されているそうだ。

IPadOS13 features you should try 03
Split View

Appleは、日本時間6月7日午前2時より開催するWWDC22の基調講演で、次期OSの概要を正式発表する。「iOS 16」は、ウィジェット機能を持つ壁紙や常時ディスプレイのサポート、「watchOS 9」は新しい文字盤や低電力モードの追加、「macOS 13」はiOS寄りのUIになった新しいシステム環境設定の登場が噂されている。

特集
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadOSニュース・噂 ・リーク情報」新着記事
トレンド検索