デュアルレンズカメラを搭載した次期「iPhone XR」のレンダリング画像が公開

OnLeaks and Pricebaba iphonexr leak

iPhone XS」と「iPhone XS Max」の後継モデルはトリプルレンズカメラを搭載すると見られているが、「iPhone XR」の後継モデルも現行モデルからレンズが1つ増え、デュアルレンズカメラを搭載すると言われている。

これまで「iPhone XI」(仮称)のレンダリング画像は何度か登場しているが、今回初めて「iPhone XR」のレンダリング画像と動画が公開されていたので、紹介する!

デザインは「トリプルレンズモデルのレンズが少ない」版

iPhone XR 2019」(仮称)のレンダリング画像を公開したのは、Pricebaba Daily。毎度情報元となっているOnLeaks氏の全面協力のもと、次期廉価モデルの見た目が分かる画像を掲載している。

カラフルな外観は「iPhone XR」から引き継がれるが、外向きカメラはシングルレンズではなくデュアルレンズに。

そのデュアルレンズを格納しているカメラユニットのデザインも「iPhone XS」のようなデザインではなく、まるでトリプルレンズカメラを搭載した次期iPhoneのレンズが1つ足りないような形になっている。

IPhone XI Max 5K2 min
トリプルレンズカメラiPhoneのレンダリング画像

ただし、マイクとLEDの位置は異なる。「iPhone XI」に搭載されている3つ目のレンズの位置にLEDが配置され、LEDがある位置にマイクが配置されていることが確認できる。

OnLeaks and Pricebaba iphonexr leak 1

これは、以前Macお宝鑑定団Blogが、「iPhone XR」の次期モデルがデュアルレンズカメラを採用する理由として、2つのレンズを共有部品として使用することにより端末価格の値下げを狙っている、と指摘していたことと一致する。

これらが事実だとすれば、「iPhone XR」の後継モデルに搭載される望遠レンズと広角レンズは「iPhone XS」の後継モデルに搭載されるものと同じ仕様になると予想される。

参考に、「iPhone XS」の広角レンズと「iPhone XR」の広角レンズは全く同じ仕様だ。

OnLeaks氏によると、次期「iPhone XR」に採用される液晶パネルは現行モデルと全く同じものになり、ディスプレイサイズは6.1インチ、解像度も1,792 x 828ピクセルのままだという。

筐体サイズは150.9 x 76.1 x 7.8mmとなっていて、カメラの突起を含むと厚さは8.5mmになるという。現行モデルのサイズは150.9 x 75.7 x 8.3mm。

プロセッサは7nmプロセスを採用した「A13 Bionic」になり、「A12 Bionic」から飛躍的に性能が向上すると見られている。