2019年のiPhoneがApple Pencilをサポートするという、実現可能性の低い噂

iPhoneがApple Pencilに対応した場合、iPadとの差別化要素を自ら潰してしまうことになる

Iphone and apple pencil 01

2019年のiPhoneが「Apple Pencil」をサポートするという予想をCiti Researchが発表している。2018年にもTrendForce經濟日報が同様のことを報じていたが結局実現されず、今年もこれまで報じられてきた噂ではそのような情報はない。

恐らく実現されないだろう。その理由はiPadとの差別化だ。

iPhoneがApple Pencilに対応しない可能性が高い理由

Appleが過去に検討していた可能性は十分あるが、恐らくiPhoneは「Apple Pencil」に対応しないだろう。サポートした場合、ようやく明確化しつつあるiPadとの差がまたしても分かりづらくなる。

現在販売されているiPadは、第1世代と第2世代という違いはあれど、すべてのモデルが「Apple Pencil」に対応している。従来はiPhoneがより大きい画面で利用できるだけのデバイスと言われても仕方がないような存在だったが、「iPadOS 13」の登場に加え、「iPad Air 3」および「iPad mini 5」の登場で「iPad = Apple Pencilが利用できるデバイス」と言えるようになった。

iPhoneが大画面化する中、iPhoneとiPadの間でハッキリとした線引きができるようになった

このあまりにも明確な差ができた今、あえてAppleがiPhoneに「Apple Pencil」サポートを追加することによって境界線をぼやかす意味はない。

よって、個人的には今年のiPhoneが「Apple Pencil」をサポートする可能性は非常に低いと予想している。

(Source: Business Insider via MacRumors

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索