「iPhone 6」 は厚さ6mmの超薄型仕様か?!大型化に伴い、少し重くなる?!

iPhone Air

ディスプレイサイズは大きくなるが、薄さはこれまでよりもさらに薄くなる?!

Crossmapによると、iPhone 6」は厚さ6mmの超薄型仕様になると報じている!現行モデルよりも1.6mmも薄くなるのか?!

次期iPhone、「iPhone 5s」よりも1mm以上薄型化?!

iPhone 5s」の厚さは7.6mmであるのに対し、現在テスト中とされる「iPhone 6」のプロトタイプは6mm。大幅な薄型化にチャレンジしていると言えるだろう。

また、サプライチェーンの情報によると、次期iPhoneは「iPhone 5s」とほとんど見た目は変わらず、引き続き金属製の筐体を採用する見通しであるそうだ。薄型化されるものの大型化される分、若干重くなりそうだ。

さらに、現在4.7インチと5.7インチモデルのiPhoneがテスト中であると言われているが、そのうちの片方が縦横比172:67となっているという情報もある。ホームボタンは次期モデルにも搭載されるとして、4.7インチのディスプレイモデルだった場合、「Galaxy S4」よりも縦長になることになる。

個人的にはiPhoneのディスプレイが大きくなることには反対ではないが、「Galaxy S4」の持ち心地はハッキリ言って良くない。Appleは正式リリースまでにその辺りを調整してくれると信じている。

(via リンゲルブルーメン