iPhone購入者のうち、3人に1人以上がAndroidスマホからの乗り換え

Android to iPhone

Appleによると、前四半期は多数のAndroidユーザーがiPhoneへの乗り換えを決意したようだ。

本日、Appleの2015年第4四半期の業績発表が行われ、同四半期におけるiPhone購入者のうち、実に30%もの人がAndroidスマートフォンから乗り換えたことが明らかになった!

過去3ヶ月で1,440万人がAndroidから乗り換え?!

3人に1人以上のiPhone購入者がAndroidスマートフォンからの乗り換え。Tim Cook氏によると、これは過去最高であるとのこと。

昨年時点でもiPhoneが大画面を搭載したことにより多数のSamsungユーザーが乗り換えを検討していると報じられたが、今年はその波がさらに大きくなったのかもしれない。

Appleによると、前四半期において販売されたiPhoneの台数は4,800万台。そのうちの30%がAndroidスマートフォンからの乗り換えということは、単純計算で過去3ヶ月において実に1,440万人が乗り換えたということになる。想像以上に多い。

どのような理由ででAndroidから乗り換えているのか気になるところ。やはり大画面化がきっかけとなり、最終的には「みんなが使っているから私も」が決め手なのだろうか。



(via 9To5Mac

FOLLOW / 最新情報を購読