次期iPhoneのプレミアムモデルの名前が「iPhone X」ではないと思う理由

IPhone 8 Pro in Silver

2017年のiPhoneは「iPhone 8/8 Plus」と「iPhone 8 Edition」になるという説が強くなっているが、ここに来てまた新たなモデル名称の候補が浮上した。

iCultureが信頼できる情報元から入手した情報によると、次期iPhoneのプレミアムモデルの名称は「iPhone X」になると伝えている。読み方は「アイフォン・テン」であり、「アイフォン・エックス」ではないという。

過去にも正確な情報を報じた実績もあるようだが、個人的にはこの「iPhone X」と呼ばれる根拠に疑問が残る。

「10周年記念モデル」というマーケティングに疑問

情報元によると、「iPhone X」の「X」はローマ字の「X」、つまり「10」を意味し、iPhone誕生から10周年を記念したネーミングになる、と主張。macOSもかつては「OS X」を採用していたことも前例として挙げている。

果たしてAppleは「10周年」にこだわってネーミングを付けるのだろうか。僕はそうとは思えない。

その理由として、一言で言うとiPhoneのラインアップが複雑になる、ということに尽きる。

10周年を表現した名称を付けることによって、来年以降、また別のネーミングを付ける必要がある。仮に「iPhone X」になった場合、来年発表される「iPhone X」の後継モデルはどうなるのだろうか。ネーミングが想像つかない時点で、分かりづらい。

そもそも10周年を喜んでいるのはテックに詳しい人だけであり、一般人からしてみればiPhoneが10周年であろうと、20周年であろうと、どうでもいいことなのだ。それをあえてモデル名に反映するとは思えない。

仮に「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」を一般向け、プレミアムモデルをハイエンドユーザー向け、とした場合においても「iPhone X」は具体的なユーザー層がハッキリとしないネーミングと言わざるを得ない。それなら「iPhone 8 Pro」の方がまだ、想像できる。

これらの理由から、「iPhone X」というネーミングが採用される可能性は低く、個人的には「iPhone 8 Pro」または「iPhone 8 Edition」になるのではないかと予想している。

Appleは日本時間9月13日に開催するスペシャルイベントで新型iPhoneを披露すると見られる。正解は当日までお預けだ。

 gori.meでは最新情報を以下のプラットフォームで配信中!是非この機会にフォローを!

Twitterアカウント(個人) / Facebookメッセンジャー / Facebookページ / Twitterアカウント(記事配信専用) / Feedly

(via TNW