2017年のiPhoneが「iPhone Pro」と呼ばれる可能性を考える

White iPhone 8 Render Concept Martin Hajek

2017年のiPhoneは、ここ数年恒例だった4.7インチモデルと5.5インチモデルだけではなく、5.8インチモデルが登場する、と噂されている。「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」を踏襲するモデルとは別に、新しいiPhoneモデルが登場する、というのが今のところ最も有力視されている。

気になるのは新モデルの名称。一体どのようなネーミングになるのだろうか。

「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の後継モデルは、順当に行けば「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」になると予想できる。「iPhone 6」の翌年に「iPhone 6s」が発表されていることから、「iPhone 7s」シリーズの登場は決して的外れな予想ではない。

ところが、新モデルは今までにない、完全に新しいiPhoneとして登場する。既存のネーミング法則は成り立たない。

これまで「iPhone 8」と呼んできたが、他の製品ラインアップや新モデルが狙っているであろうターゲットなどを踏まえると、「iPhone Pro」という名称が1番しっくり来るという結論に至った。

あくまでも僕の考えではあるが、その理由について説明する。

iPhone 8」というネーミングの分かりづらさ

この問題について考え始めたきっかけは、2018年発表のiPhoneに関する噂を読み返していた時。仮に「iPhone 8」が登場したとしたら、来年は一体何と呼ばれるのだろうか。

モデル 2015年 2016年 2017年
4.7インチ iPhone 6s iPhone 7 iPhone 7s
5.5インチ iPhone 6s Plus iPhone 7 Plus iPhone 7s Plus
5.8インチ iPhone 8

仮に「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」「iPhone 8」が発表されるとした場合、2018年のiPhoneはネーミングの渋滞が起きる。「iPhone 7s」の後継モデルは、順当に行けば「iPhone 8」と呼ばれることになるが、「iPhone 8」は既に発表されているモデル名になる。ハッキリ言って意味不明だ。

モデル 2015年 2016年 2017年 2018年
4.7インチ iPhone 6s iPhone 7 iPhone 7s iPhone 8
5.5インチ iPhone 6s Plus iPhone 7 Plus iPhone 7s Plus iPhone 8 Plus
5.8インチ iPhone 8 iPhone 8s?
iPhone 9?

そもそも、「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」に加え、「iPhone 8」が同時に登場するというのは極めて分かりづらい。過去を振り返っても、ナンバリングが異なるiPhoneモデルが同年に発表されたことはない。

正式名称は「iPhone Plus」という噂もあったが、「iPhone Plus」は「iPhone 8」と同じぐらい分かりづらい。「iPhone 7s Plus」と「iPhone Plus」が同時期に発売されたら、カオスだ。

そこで、「iPhone Pro」というネーミングの場合を見てみよう。2018年は、「iPhone 7s」が「iPhone 8」になっても問題ない。

モデル 2015年 2016年 2017年 2018年
4.7インチ iPhone 6s iPhone 7 iPhone 7s iPhone 8
5.5インチ iPhone 6s Plus iPhone 7 Plus iPhone 7s Plus iPhone 8 Plus
5.8インチ iPhone Pro iPhone Pro

ポイントは、「iPhone Pro」のネーミングが2017年も2018年も変わっていない、ということ。これは、「MacBook Pro」や「iPad Pro」を参考にしているのだが、「Pro」の付くモデルはナンバリングがない。

仮に今年「iPhone Pro」が登場した場合、翌年の後継モデルが同じく「iPhone Pro」でも問題はないだろう。

「Proユーザー向けのiPhone」というターゲティング

「iPhone Pro」というネーミングがしっくり来る理由はもう1つある。それは「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」とは異なるターゲットを狙っていることが考えられるからだ。

順を追って解説する。

「iPhone 7」の後継モデル=一般モデル、目玉機能を1つ追加へ

まずは「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」のターゲティングから考えてみる。

「iPhone 6s」から「iPhone 7」の見た目が劇的に進化しなかったため、2017年のiPhoneを「3年ぶりのメジャーアップデート」という見方もできてしまうかもしれないが、仮に今年が「s」系アップデートの年だと認識した場合、「iPhone 7s」は「iPhone 7」と比較して内部スペックが強化され、カメラ性能が改良され、何かしら目玉となる新機能が用意される

この「目玉となる新機能」とは、「iPhone 5s」では「Touch ID」、「iPhone 6s」では「3D Touch」のことを指している。報じられている噂をもとに予想を立てると、「iPhone 7s」はワイヤレス充電がそれに当たるのではないかと考えている。

IPhone 8 Edge Concept Video

「iPhone 7s」シリーズは「iPhone 7」シリーズの後継モデルに当たると考えられる。つまり、幅広く一般層をターゲットとした端末になり、価格帯は「iPhone 7」や「iPhone 7 Plus」とほぼ同じ、もしくは値上げしたとしても僅かな値上げになると予想している。

2017年、「新しいiPhoneを買おう」となった場合、店頭では「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」が勧められるのではないだろうか。

「iPhone Pro」はプロユーザーを意識したProモデル

一方、「iPhone Pro」は既存のナンバリングとは異なり「Pro」と名付けられた場合、その名に相応しい機能と価格帯が設定されると予想している。

現状、iPhoneのラインアップには「iPhone SE」「iPhone 6s/6s Plus」「iPhone 7/7 Plus」が用意されている。最新機種が欲しい人は「iPhone 7/7Plus」を、大画面モデルが欲しいが予算を抑えたい人は「iPhone 6s/6s Plus」を、とにかくコンパクトなモデルが欲しい人は「iPhone SE」を選ぶことができる。

現状のラインアップでAppleはまだ抑えられていないターゲットがある。それは、ハイエンド層だ。

ハッキリ言って「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」でも、日頃普通に使う分には十分すぎる性能を持っている。写真も綺麗に撮ることができ、キビキビ動作するので操作性も問題ない。Suicaも利用できるようになり、耐水性能も用意され、正直、不満らしい不満はない。

ただ、逆にiPhoneが高性能化したため、iPhoneで事足りるという人も増えてきた。これまではノーパソがなければできなかったことが、大抵のことはiPhone単体で完結することも少なくない。動画の編集さえもできるのだから!

そこで、iPhoneをより本格的に、よりハードに使い込むプロユーザーを意識したProモデルとして、「iPhone Pro」を投入するのだ。だから「iPhone 8」ではなく、「iPhone Pro」なのだ。Macに普及モデル(MacBook)とハイエンドモデル(MacBook Pro)があるのと同じように、iPhoneにも「Pro」モデルを投入する、と言う考えだ。

White iPhone 8 Render Concept Martin Hajek

「iPhone Pro」は、全面ディスプレイを搭載し、外向きカメラに3Dレーザーセンサー、内向きカメラに世界初の3D顔認識カメラシステムを搭載するなど、カメラ性能が大幅に強化されると予想される。もちろん、「iPhone 7s」シリーズと同じくワイヤレス充電にも対応すると言われている。

「iPhone 8」は「A11」、「iPhone 7s/7s Plus」は「A10」を搭載するという噂もある通り、「iPhone Pro」は「iPhone 7s」シリーズをさらに上回る性能を持つ可能性は高い。カメラにも3Dセンサーを活かした独自の機能が用意されるだろう。

Appleはマーケティングの一環として、極めて戦略的に各製品に価格を付けている傾向がある。もちろん、3Dセンサーなど「iPhone Pro」にしかない高価な部品が搭載されることも影響すると思われるが、プロユーザー向けというブランディングのために「iPhone Pro」は「iPhone 7s」シリーズよりも高い価格を設定するだろう。

いざ発表され、「iPhoneに10万円以上は高すぎる」と喚くような人は、そもそも「iPhone Pro」のターゲットではないのだ。大人しく「iPhone 7s」かそれ以前のモデルを購入すればいい。

Appleが狙っているターゲット層は、「iPhone Pro」の価格が「iPhone 7s」よりも数万円高かったとしても、その価格以上に「iPhone Pro」に価値があると判断するような人達だ。そのような人が確かに存在すると分析し、「iPhone Pro」を投入するのではないかと予想している。

「iPhone Pro」はiPhone初の「Pro」ライン

White iPhWhite iPhone 8 Render Concept Martin Hajekone 8 Render Concept Martin Hajek 13

「iPhone Pro」は、プロユーザー向けのiPhoneになる。だから、次期iPhoneの名称は「iPhone 8」ではなく、「iPhone Pro」になる、と僕は思っている。

片手で操作できるが、より大きい画面スペースでコンテンツが満喫できる本体とディスプレイ。高級コンデジまたは一眼レフに匹敵するようなカメラ性能やAR・VRなど最新カメラ機能。

「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」が進化したモデルでも十分だが、それをさらに上回るプロユーザーをターゲットとした非常に高価なiPhoneが「iPhone Pro」になるのではないだろうか。

MacBook」に対する「MacBook Pro」。「iPad」に対する「iPad Pro」。そして、「iPhone 7s/7s Plus」に対する「iPhone Pro」。個人的にはとてもしっくり来ている。

全面ディスプレイを搭載する次期iPhoneの名称、皆さんはどう思うだろうか。是非皆さんの予想も教えてください!