「iPhone X」は深刻な在庫不足に、ゴールドは遅れて発売か

IPhone 8 pro mockup color variation 1

KGI証券のMing-Chi Kuo氏が公開した投資家向けのレポートによると、現時点における「iPhone X」の製造台数は1日に1万台以下であることを明らかにした。

このことから、以前から複数の情報筋から報じられている通り、発売後もしばらくの間は深刻な在庫不足に見舞われると指摘している。

数日前にMacお宝鑑定団Blogは「iPhone X」の初回出荷台数はジェットブラックを下回る可能性があると伝えていた。

さらに、用意されるブラック・ホワイト・ゴールドモデルのうち、ゴールドモデルは深刻な製造上のトラブルに見舞われると予想し、初期ロットも出荷台数が極めて少ない可能性があるとのこと。場合によっては他の2モデルと同時に発売されず、遅れての発売されるかもしれないとのこと。

「iPhone X」をなるべく早く手に入れたいのであればブラックモデルかホワイトモデルを選んだ方が良さそうだ。ただし、ゴールドモデルは今までにな新色「ブラッシュ・ゴールド」になると噂され、大きな注目を集めると予想される。

 gori.meでは以下のプラットフォームで最新情報を配信中!是非フォローを!

FOLLOW / 最新情報を購読