iPhone 7 ブラックモデル レビュー

時代を先取りする、完成度に磨きが掛かったiPhone

広色域対応ディスプレイはまだ実感できず

IPhone 7 Review

iPhone 7広色域対応の3D Touch搭載Retina HDディスプレイを搭載している。よりカメラの性能が向上したため、個人的には劇的な変化を期待していた部分ではあるが、今のところ実感は皆無。「iPhone 6s」と同じ写真を並べてみてなんとか違いを見出そうとしてみたが、今のところ同じにしか見えない。

IPhone 7 Review

この分野については写真同様、さらなる調査を進めて追って報告したいと思う。

4.7インチというサイズは絶妙かもしれない

IPhone 7 Review

今回、「iPhone 6s Plus」からiPhone 7に乗り換えている。「iPhone 6 Plus」から「iPhone 6s」に乗り換えた時に書いた記事には以下のようなことを指摘していた。

  • 意外と4.7インチでも画面の端は届かない
  • 画面の狭さ、要素の狭さには徐々に慣れつつある
  • 手にフィットする安心感、片手操作できる快適さ
  • 画面が狭くなり、両手フリックは少ししづらくなった
  • タイトなジーンズにもねじ込める安心感、取り出しやすくなった

これは「iPhone 6s Plus」からiPhone 7に乗り換えても抱いた感想はほとんど同じ。当初は手狭に感じていた画面サイズも使っているうちに慣れ、片手ですべての操作ができないものの、少なくとも片手による文字入力は「iPhone 6s Plus」よりも遥かに快適。吊革に捕まりながらでもポケットに片手を突っ込んだままでも操作できる。

IPhone 7 Review

片手操作が可能だが「iPhone SE」よりも画面が広く、「iPhone 6s Plus」よりも持ちやすい。この1週間iPhone 7を使っていて4.7インチというサイズ感は絶妙である、という印象を強く抱いた。

4.7インチながらも非常に優秀な電池持ちに感心

IPhone 7 Review

iPhone 7に乗り換えてから僕の中で驚いているのは電池持ちの良さ。「iPhone 6 Plus」から「iPhone 6s」に変えた時は電池持ちが悪いことを気になる点として挙げたが、iPhone 7は違う。体感としてはiPhone 6s Plus」とほとんど変わらないのだ。

公表されている電池持ちを見比べてみると、僕の体感は間違っていないことが判明。インターネット利用時間が全く同じなのだ。むしろWi-Fi接続時のインターネット利用時間はiPhone 7の方が長い

iPhone 7 iPhone 6s Plus
  • 連続通話時間(ワイヤレス):3Gで最大14時間
  • インターネット利用:3Gで最大12時間、4G LTEで最大12時間、Wi-Fiで最大14時間
  • ワイヤレスビデオ再生:最大13時間
  • ワイヤレスオーディオ再生:最大40時間
  • 連続通話時間:3Gで最大24時間
  • インターネット利用:3Gで最大12時間、4G LTEで最大12時間、Wi-Fiで最大12時間
  • ビデオ再生:最大14時間
  • オーディオ再生:最大80時間

朝から晩までみっちり使っても電池の減り方は「iPhone 6s Plus」と変わらず。かつては5.5インチ型のiPhoneを選ぶべき理由として電池持ちの良さがあったが、今となっては4.7インチ型のiPhoneでも十分すぎる電池持ちが実現されていたのだ。

まとめ

IPhone 7 Review Matome

僕にとってiPhone 7は「iPhone 6s Plus」が小型化されてパワーアップしたiPhoneだ。基本性能やカメラ性能が向上し、コンパクトで軽くて片手で操作できる。チャレンジングな機能を搭載したiPhone 7 Plusに対し、基本的な機能を充実させ、iPhoneとして完成度を高めた1台であるように感じる。

ただ、それだけではない。iPhone 7は時代を先取りする、完成度に磨きが掛かったiPhoneだ。

発表される前は「変化の乏しい期待はずれのiPhone」になると思われたが、変化が乏しいのは大まかなデザインのみで、細部を見ればしっかりと進化していることが良く分かる。

長年スッキリしなかった背面のアンテナラインが消え、カメラの突起がボディと一体化した。新色ブラックはスペースグレイよりも黒が強く、光を寄せ付けないマットな仕上がりはシックで大人びている。

カメラ性能は向上し、本体のスピーカーもついにステレオに。プロセッサーもますますパワフルになり、Macと肩を並べる時代にまでやってきた。

ヘッドホン端子の廃止や物理ホームボタンから感圧タッチ式ホームボタンへの変更は賛否両論あるが、来年以降発表されるであろうiPhoneの姿が少しだけ垣間見えたような気がする。

未来と言えば、iPhone 7はまた日本に大きな話題を巻き起こす。10月中に「Apple Pay」が国内でローンチし、「おサイフケータイ」を含むFeliCa関連サービスが一気に利用できるようになるからだ。

iPhone 7は「買い」か。既に「iPhone 6s」で満足しているのであれば、無理に買い換える必要はないだろう。カメラ性能も確かに向上しているが、買い換えるほどではない。急いでいない人はあえて今年のモデルを見送り、来年に登場すると噂されているメジャーアップデートに期待するのも手かもしれない。

ただ、完成度の高いiPhoneであることは間違いない。買おうと思っている人には安心してお勧めできる仕上がりだと思っている。

何よりも、大画面派の僕がとても満足している。まだ慣れない部分もあるが、時代を先取りしているようでワクワクする!早くSuica使いたいなあ!

特集
関連情報
カテゴリiPhone 7
更新日2020年04月13日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. いつも拝見させて頂いてる者

    ステレオスピーカーは、iPhone7本体を逆さまにすれば、LRの出力が変わりますよ!

「iPhone 7」新着記事
トレンド検索