Sphero、「BB-8」や「R2-D2」などディズニーコラボ製品を在庫限りで終了へ

Sphero Ends StarWars Items

「STAR WARS」のキャラクター「BB-8」や「R2-D2」などのプログラミングトイを取り扱うSpheroのCEO、Paul Berberian氏がThe Vergeに対し、ディズニーコラボの製品を在庫限りで終了することを明らかにした。

終了する理由は、ライセンス契約の玩具が「玩具の価値以上に多くのリソースを必要とした」と説明。映画とのコラボということもあり、盛り上がるのも発売した年のみであることも指摘している。

教育系プログラミングトイは年々人気が増しているという

対し、Spheroの開発する「Sphero BOLT Robot」「Sphero Mini Robot」のような教育系プログラミングトイは逆。年々人気が増しているとのこと。

誰も知っている名画シリーズ「スターウォーズ」のコラボ商品ということもあり、ファンにとっては欠かせないアイテム。Berberian氏によると「スターウォーズのファンはすでに買っている」とのことで、新しい映画が出ない限りは売れ行きを伸ばすことは難しいようだ。

人気商品の1つである「BB-8」は数百万台ものを販売したというが、販売データによると購入直後は遊ばれるものの、しばらくすると放置されていることが分かっている。

Spheroはディズニー製品に多くのリソースを割き、高いクオリティを実現。映画『カーズ』に登場した「Lightning McQueen」の玩具はPixarの社員と共同で表情やボディの動きを調整したという。

興味ある人は、まだ販売されているうちに購入するべし!

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「テクノロジー」新着記事
トレンド検索