Adobe、2020年をもってFlashを廃止へ

RIP FLASH

さようなら、Flash。今まで、ありがとう!

Adobeは2020年をもってFlash Playerの配布やアップデートを終了し、開発を終了することを発表した

廃止理由は時代の変化。かつてウェブ上でインタラクティブなコンテンツを作るためには必要不可欠だったFlashだが、最近ではHTML5やWebGL、WebAssemblyなどが進化し、Flashが担っていた役割を十分果たすことができるほどに熟成と説明している。

既にFlashは多くのブラウザではデフォルトで無効化された状態になっている。「macOS Sierra」のSafariはデフォルトでFlashをブロックする仕様となっていて、「Google Chrome 53」ではバックグラウンドで読み込むものを含むFlashをすべてブロックする仕様になった。

(via MacRumors

FOLLOW / 最新情報を購読