これからパパやママになるみんなに贈る!子育てをする上で知っておきたい「子供が育つ魔法の言葉」

Smiling Kids
【img via If you don’t have a smile, I’ll give you one of mine! by anil bhatt

僕らはみんな、かつては子どもだった。純粋な、子どもだった。

だからこそ、子どもの時に耳にした言葉や目にした風景は時が経っても覚えていることが多い。幼少期の経験は大人になってからの考え方や生き方に影響すると言われている。

子どもは親の背中を見て育つ。ならば、親としては見本となるような立派な背中を見せてあげるべきだ。

Facebookで「子供が育つ魔法の言葉」というちょっと良い話を見かけたので、紹介させてもらう。誰だって自分の子どもが一番可愛い。だからこそ、大切に育てたい。そう願う人に是非とも読んでもらいたい。

けなされて育つと 子どもは 人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと 子どもは 乱暴になる
不安な気持ちで育てると 子どもも不安になる
「かわいそうな子だ」と言って育てると 子どもは みじめな気持ちになる
子どもを馬鹿にすると 引っ込みじあんな子になる
親が他人を羨んでばかりいると 子どもも人を羨むようになる
叱りつけてばかりいると 子どもは
「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう
励ましてあげれば 子どもは 自信を持つようになる
広い心で接すれば キレる子にはならない

誉めてあげれば 子供は明るい子に育つ
愛してあげれば 子供は・人を愛することを学ぶ
認めてあげれば 子供は自分が好きになる
見つめてあげれば 子供は 頑張り屋になる
分かち合うことを教えれば 子供は 思いやりを学ぶ
親が正直であれば 子供は正直であることの大切さを知る
子どもに公平であれば 正義感のある子に育つ
優しく。思いやりをもって育てれば 子供は 優しい子に育つ
守ってあげれば 子供は 強い子に育つ
和気あいあいとした家庭で育てば 子供は この世の中は
いいところだと思えるようになる

「子供が育つ魔法の言葉」
(原題:Children Learn What They Live Parenting to Inspire Values)
Dorothy Law Nolte、Rachel Harris 著

子どもが育つ魔法の言葉
ドロシー・ロー ノルト レイチャル ハリス
PHP研究所
売り上げランキング: 2036
あわせて読みたい