MacBook用ドック「USB-C Express Dock 3.1 HD」、発売開始

USBC Express Dock 31 HD

Belkinは11月22日、1本のケーブルであらゆるデバイスを同時接続することができる、オールインワンドッキングソリューション「USB-C Express Dock 3.1 HD」を発売開始している。

MacBook」や「MacBook Pro」のようになUSB-C搭載デバイスであれば、1本のケーブルで最大8台のデバイスを同時に接続することが可能。各デバイスに必要な電力を解析・供給するPOWER PRIORITYテクノロジーを搭載している他、4K HDMIビデオ出力に対応するなど、快適で効率的なパフォーマンスを提供することができる。

「Thunderbolt 3」は非対応、Power Deliveryは最大60Wまで

「USB-C Express Dock 3.1 HD」はどのような人向けのドッキングステーションなのか。早速搭載されているポートをチェックしてみよう。

Belkin usb c express portsjpg

  1. USB-C 3.1ポート
  2. USB-Aポート
  3. オーディオポート(入出力)
  4. ギガビットイーサネットポート
  5. オーディオポート(出力)
  6. USB-Aポート
  7. USB-Aポート
  8. USB-C 3.1ポート
  9. HDMIポート

用意されているのはUSB-Aポートが3つ、USB-Cポートが2つ、HDMIポートが1つ。他にオーディオの入出力とイーサーネットポートがある。

過去に登場している「Belkin Thunderbolt 3 Express Dock HD」との違いが気になる人もいると思うが、これらのポートを見れば分かるはず。

最大の違いは「Thunderbolt 3」ポートが用意されていないこと。「USB-C Express Dock 3.1 HD」はあくまでもUSB-Cドックであり、「Thunderbolt 3」ドックではないのだ。

MacBook Pro」で使うことはできないこともないが、15インチで使うには出力可能電力が足りないことや4Kディスプレイを出力するにしても30Hzまでであることを考えると、「MacBook Pro」を買うような人はスペック不足を感じるかもしれない。

逆に、持ち運びマシーンとして最適な12インチ型MacBookを、自宅やオフィスではデスクトップマシーンのようにして使いたい、という人にとっては最適なドッキング・ステーションかもしれない。

USB-Cポートが1つしかないMacBookに最大8台のデバイスを同時に接続できる、というのは魅力的。出先では携帯性を優先し、自宅では「USB-C Express Dock 3.1 HD」を使い、マシーンの持つポテンシャルをフルに発揮することができるはず!

記事執筆時点における価格は25,078円。気になる人は下記からどうぞ!

関連記事