Anker、SSDが内蔵されたUSB-Cハブを発売

「Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSD ハブ」を発売

Anker PowerExpand 4 in 1 USBC Hub

Ankerは9月22日、SSDが内蔵されたUSB-Cハブ「Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSD ハブを発売した。従来は別々の製品として使用する必要があったUSB-CハブとSSDが一体化したことで、利便性が向上する。接続用のUSB-Cケーブルは内蔵されており、本体に沿うようにして収納できる。

USB-Cハブは、4K(30Hz)の高画質出力に対応したHDMIポート、2つのUSB-Aポート、USB Power Delivery対応のUSB-Cポートの計4ポートを搭載。最大入力が100W、最大出力が88Wまでとなっており、16インチMacBook Proでもほぼフルスピードで充電できる。

Anker PowerExpand 4 in 1 USBC Hub 2

内蔵SSDの容量は256GBとなっており、約40,000枚相当の写真データが保存できる(写真1枚5〜7MBとした場合)。SSDへの転送速度は最大400MB/s。

Anker PowerExpand 4 in 1 USBC Hub 3

対応製品は、USB-C/Thunderboltポートを搭載するMacBook Pro/AirおよびiPad Pro/Air。24日より発売予定のiPad mini 6も、USB-Cポート搭載により利用できるだろう。

関連キーワード
公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:610760)

    アンカーからこの手の商品出るのを待ってました。情報ありがとうございます!
    時期モデルはこれに優先LANポートつけて欲しいです。

「Mac用USB-Cアクセサリ」新着記事
トレンド検索