Macのプロセッサ、Intelから自社製に乗り換えかーー早ければ2020年から

IMacPro ThunderBolt display threeup 20171214

現在のMacはすべてIntel製プロセッサを採用しているが、Bloombergによると、Appleは早ければ2020年に自社製のプロセッサに乗り換える計画があると報じている。

iPhone、iPad、Macがよりシームレスに動作するように

Macの自社製プロセッサは社内で「Kalamata」と呼ばれ、MacがiPhoneやiPadの操作が互いに近づき、シームレスに動作することを目指しているとのこと。まだ開発は初期段階とされ、Intel製プロセッサからの移行の前段階として、「iOS 12」と「macOS 10.14」ではiOSアプリがMacで動作する開発環境が整備されると噂されている。

Intel製チップを採用する欠点として、Intelに新製品のリリーススケジュールを依存せざるを得ない状況であることが挙げられる。自社製に切り替えればAppleの希望するタイミングで新製品をリリースすることができ、iPhoneと同様に毎年アップデートされることが期待できる。

既にAppleは独自チップとして「T1」チップを「MacBook Pro」に、「T2」チップを「iMac Pro」に内蔵。それぞれMac内の一部機能の動作を担っている。

MacのIntel離れはこれまでも度々報じられてきたが、まだ実現されるまでは程遠い。2014年にはARMベースのMacが2016年までにリリースされると噂されていたが実現せず、2017年2月にはARMベースのMac用チップ「T310」を開発中であると伝えられていた。

(via MacRumors