15.5インチMacBook Air、2023年春に発表か

当初予測していた15.2インチよりも大型化、史上最大サイズのMacBook Airモデルに

M2 MacBook Air is an Amazing Machine 06

Appleは、15.5インチディスプレイを搭載した新型MacBook Airを2023年春に発表する可能性がある。ディスプレイ関連サプライチェーン調査会社のCEOを務めるRoss Young氏が、スーパーフォロワーに対するツイートで明らかにした。新型MacBook Air用のディスプレイパネルは、2023年第1四半期に製造が開始されるという。

Ross Young氏は、M2 MacBook Airで大型化した13.6インチのディスプレイサイズを正確に予測。同時に15.2インチモデルの登場を予測していたが、最新の予測では0.3インチ大型化している。MacBook Airシリーズとして、15.5インチ型は史上最大となる。

詳細仕様は不明。M2 MacBook Airと同様のデザインを採用し、MagSafeポート、2つのThunderbolt 3ポート、1080pカメラ、物理ファンクションキーなどを搭載する可能性が高い。M2チップだけではなく、M2 Proチップがオプションとして用意されると噂されている。

(Source: MacRumors

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2022年12月16日
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:655391)

    買う買う!!

  2. 買う買う!!(コメントID:654809)

    買う買う!!

  3. 通りすがりの読者(コメントID:654612)

    買う買う!!

「MacBook Air」新着記事
トレンド検索