【やっと!】「MacBook Air (Mid 2013)」がスリープ復帰後にクラッシュするバグを近日中に修正する見通し

Macbook air mid 2013

スリープ復帰後に音が出ない不具合キーボードやトラックパッドが突然動作しなくなる不具合など、多数のトラブルに見舞われている「MacBook Air (Mid 2013)」。

これらに加えてディスプレイが突然ブラックアウトするという不具合もあり、長らく修正されずにここまで来たが、ようやくMacBook Air (Mid 2013)」がスリープ復帰後にクラッシュするバグを近日中に修正する見通しとなっているそうだ!問題が問題なので、いくらなんでも時間掛かり過ぎ!

OS X Mavericks」の次期アップデートで対応か?

MacBook Air (Mid 2013)」のディスプレイがブラックアウトする問題は昨年末から世界中で報告され続けてきたが、一向に修正される気配なかった。

現象としては、スリープ復帰後にキーボードやトラックパッドを押すとマシーンがフリーズしてしまうというもの。「OS X Mavericks」と物理インタフェースの間で何かしらの問題が起きていると予想されていたが、ユーザー間でもソフトウェアの問題なのかハードウェアの問題がハッキリ分からず、Appleとしても原因を突き止めるのに時間が掛かったのかもしれない。

結果、情報元によると、MacBook Airが開いたことを認識するセンサーの動作が原因だったとのこと。ソフトウェアのアップデートで対処可能となっているようだ。

いつ頃どのような形で修正されるかは不明だが、「OS X Mavericks」の次期アップデートで対応する可能性は高い。「MacBook Air (Mid 2013)」で同様の現象に頭を悩ませている人はもうしばらく我慢しましょう!

Mac OS XでNVRAM/PRAMをリセットする方法!Macがカーネルパニックを起こしたら必ず実行するべし! | gori.me(ゴリミー)

(via MacRumors