AirDrop上でMac Pro 2013のアイコンが2019年モデルに変わっている

一時的な表示の不具合ではないかと思われるが、2019年モデルの登場間近であることを示唆している可能性も

Mac Pro 2019 deisgn in airdrop

読者の方に教えて頂いたが、AirDrop上で”ゴミ箱型”と言われている「Mac Pro 2013」のアイコンが「Mac Pro 2019」のアイコンに変わっているそうだ。スクリーンショットを見せてもらったところ、確かに近日中に発売が予想されているモデルのデザインであり、黒い円柱形のデザインではなくなっている。

AirDrop Mac Pro 2013 01

僕の環境で確認したところ、同じ「iPad Pro」でもアイコンデザインが変わっているため、「Mac Pro 2013」のアイコンが2019年モデルになっているのは一時的な表示上の不具合ではないかと思われるが、AirDrop上でこのような表示になるということは近日中に発売されることを示唆しているのかもしれない。
AirDrop icons 01

Calvin HarrisのスタジオにもMac Pro 2019が目撃される

一方で、9to5Macによると、Calvin HarrisのInstagramストーリーズには「Mac Pro 2019」がスタジオ内に設置されていることを発見したと伝えている。確認してみたところ、確かに「Mac Pro 2019」と思われる筐体が確認できる。

Calvin Harris Studio already has MacPro2019

Appleはトップクリエイターに対して事前に「Mac Pro 2019」を提供している可能性は十分にあり、世間の目に触れる形で投稿することが許されていることから、やはり近日中に発売されるのではないかと見られている。

なお、AppleはFCPX Creative Summitで「Mac Pro 2019」や16インチ型「MacBook Pro」について言及する可能性があると噂されていたが、結果的にイベントでは何も発表されなかったようだ。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Mac Pro」新着記事
トレンド検索