Appleの純正ディスプレイは32インチ型Retina 6Kの「Pro Display XDR」

リファレンスモードなどを完備する、完璧なプロ仕様のディスプレイーースタンドは同梱されない上に価格は999ドル

Apple mac pro display pro display pro 060319

WWDC 2019」にて、最強すぎる「Mac Pro 2019」とセットで発表されたのは新しいApple純正ディスプレイ「Pro Display XDR」。もちろん、こちらもバリバリのプロ仕様で、価格もプロ仕様。ピキッ(心が割れる音)。

やっぱりおろし器に見える問題

見た目は新型「Mac Pro」と同じ金網デザイン。背面を見るとやっぱりどこかおろし器を彷彿してしまうが、見なかったことにしよう。
WWDC 2019 On Stage 2840

すごい……良いおろし器に見える……。
WWDC 2019 On Stage 2912

Apple純正ディスプレイは完全プロ仕様スペック

Apple史上最大のRetinaディスプレイ

さて、見た目はきっと賛否両論あるとは思うが、ディスプレイとしての性能は超一流。ディスプレイは引き続き液晶だが、そのサイズは32インチ、解像度は6,016 x 3,384ピクセルとなっていて、ピクセル密度は218ppi。ピクセル数は2,000万個もある。
WWDC 2019 On Stage 2844

Appleはこれを「Retina 6K」と呼んでいる。「Retina 5K」のiMacをさらに上回る解像度なのだ!
WWDC 2019 On Stage 2847

具体的に4Kや5Kと比較するとその解像度の高さがよく分かる。
WWDC 2019 On Stage 2853

P3ワイドカラー、10bit表示対応のリファレンスディスプレイ

WWDC 2019 On Stage 2859

複数のリファレンスモードに対応し、True Toneテクノロジーにも対応。

超広視野角を実現

WWDC 2019 On Stage 2862

非反射コーティングも採用

WWDC 2019 On Stage 2870

画面輝度は1,000ニトから最大1,600ニトまで

WWDC 2019 On Stage 2915

コントラスト比は1,000,000:1

WWDC 2019 On Stage 2938

HDRを上回るダイナミックレンジ

Apple曰く、HDRを上回るダイナミックレンジを実現したという。
WWDC 2019 On Stage 2941

よって、「ハイダイナミックレンジ」を上回る「エクストリームダイナミックレンジ」と命名。
WWDC 2019 On Stage 2943

「Extreme Dynamic Range」の「X」「D」「R」を取り……
WWDC 2019 On Stage 2945

……ディスプレイ名である「Pro Display XDR」と名付けたそう。
WWDC 2019 On Stage 2946

VESAマウントは別売りで、スタンドもまさかの別売り(しかも高い)

WWDC 2019 On Stage 3052

Apple自身も「世界最高のプロディスプレイ」と謳っているが、ディスプレイ用のスタンドにも相当こだわって作ったようで、価格はなんと999ドル。しかも、別売り。そう、ディスプレイにスタンドは同梱されないのだ。

ではVESAマウントにつければ良いや、と思うかもしれないが、VESAマウントも別売り

今秋発売予定

WWDC 2019 On Stage 3054

「Pro Display XDR」は新型「Mac Pro」とともに今秋発売予定。価格は4,999ドルとなっていて、ディスプレイにNano-textureを採用したモデルを選ぶと5,999ドルに。

WWDC 2019 On Stage 3050

Mac Proと合わせると最低でも100万円以上は掛かることになる。プロユーザーはお金がいくらあっても足りないね……。

ギャラリー
「Mac用周辺機器」新着記事
トレンド検索