Studio Display、Windows PCで動作するが一部機能に制限あり

センターフレームやTrue Toneなどは動作しない

Apple Studio Display 5K Retina 220308

Appleの27インチ型5KディスプレイStudio Display」はWindows PCでも動作するが、一部機能が制限される。MacRumorsによると、被写体を画面内に収める「センターフレーム」とディスプレイの色温度を自動調整する「True Tone」は、いずれもmacOSを必要としておりWindow PCでは動作しないという。

またファームウェアアップデートを通じて追加される新機能は利用できない。Macに最適化されたディスプレイのため、出力可能な解像度は接続するWindows PCによって異なる場合があるという。

Studio Displayは、A13 Bionicチップを内蔵。最大96Wの電力供給が可能で、1基のThunderbolt 4ポート、3基のUSB-Cポートが背面に用意されている。価格は199,800円から。Nano-textureガラスと、傾きと高さを調整できるスタンドを選択すれば、286,800円になる。

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2022年03月22日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. とも(コメントID:622669)

    それならましてや、入力は2系統ほしかったですね。
    DPかHDMI。 
    ディスプレイ、欲しいのに、残念。

    あとは、もう少し明るさが欲しかった。 800ニト程度。
    5年前のimacとほとんど同様の画質なのに、20万。 
    あきらめます。

「Mac用ディスプレイ」新着記事
トレンド検索