Apple Studio Display ファームウェア・アップデート 15.4、配信開始

内蔵カメラの性能はアップデート適用後も改善されず

Updating Studio Display

Appleは3月19日、Studio Display向けのファームウェアアップデートApple Studio Display ファームウェア・アップデート 15.4」を配信開始した。アップデートを適用するにはmacOS Monterey 12.3以降のMacが必要。Intel MacのBoot Campサポート、安定性の向上が含まれる。

Studio Displayのアップデートは、macOSのアップデートと同様に配信される。最新バージョンは、システム環境設定の「ソフトウェア・アップデート」から行う。

Updating Studio Display 01

一部の先行レビューではStudio Display内蔵カメラの画質の低さが批判されていたが、Appleはソフトウェアアップデートで修正すると約束。「Apple Studio Display ファームウェア・アップデート 15.4」では修正されていない。

アップデートを失敗した場合のエラー画面、エラー発生時の状況

Studio Displayのファームウェアアップデートを失敗した場合、下記のようなエラー画面が表示され、Apple公式サポートページ「Studio Display のアップデート中にエラーが起きる場合」のURLが表示される。

Updating Studio Display 02

正常にアップデートが進んでいれば、以下のような画面になる。

Updating Studio Display 03

なお接続元のMacBookをクラムシェルモードにした上で、Thunderbolt 4ドックに接続した状態でアップデートを試みたところ、正常にアップデートできない事例が確認されている。アップデートが成功しない場合は、接続方法を見直した上で実行することをおすすめする。

(Special thanks:Yota Suzuki

Studio Displayの最新情報

7本の記事を表示する

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Mac用ディスプレイ」新着記事
トレンド検索