Studio Display、実質的に”巨大化したiPad”?64GBの内蔵ストレージが判明

iOS 15.4+A13 Bionic+1,200万画素のセンターフレーム対応超広角カメラ+64GBストレージ

Apple Mac Studio Studio Display lifestyle 01 220308

Apple純正ディスプレイ「Studio Display」は、64GBの内蔵ストレージが用意されている。使用されている容量はわずか2GB。ファームウェアアップデート用にストレージは必要だが、現状では活用方法がない。

ストレージを内蔵している理由は不明だが、Studio Displayと同じA13 Bionicチップを搭載するiPhone SE(第2世代)およびiPad(第9世代)は、最小ストレージ構成が64GBだった。MacRumorsは、A13 Bionicチップが64GBより少ない容量のNANDストレージとの互換性がない可能性を指摘している。

iOS 15.4内蔵、動作クロック数2.65GHzのA13 Bionicチップ、1,200万画素のセンターフレーム対応超広角カメラ、64GBのストレージ容量という組み合わせは、iPad(第9世代)と全く同じ。実質的に”巨大化したiPad”だ。またA12 Bionicチップと32GBストレージを内蔵するApple TV 4K(第2世代)より、ハードウェア仕様が優れている。

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2022年03月22日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:623134)
    コメント先:ぬぶすぷ(コメントID:623121)
    コスト削減っすね。自社でなんでもやってるとこんなことまでできるのか。。。

    本当にすごいですよねw

  2. ぬぶすぷ(コメントID:623121)

    コスト削減っすね。自社でなんでもやってるとこんなことまでできるのか。。。

「Mac用ディスプレイ」新着記事
トレンド検索