iOS 15、AirPods向け新機能多数 離れると警告する紛失防止機能など

M1 Macの空間オーディオ対応、通知の読み上げ機能も今秋対応

WWDC21 Keynote 2293

iOS 15の新機能として、AirPods向けの新機能が多数発表された。「探す」アプリに完全対応し、落とした場合でも「探すネットワーク」を利用し場所の特定が可能になった。紛失を事前に防ぐため、ユーザーから離れると警告する機能も追加された。

聴覚が不自由な人向けに会話を強調する機能、通知の読み上げ機能、空間オーディオのM1 MacとtvOS対応が今秋、iOS 15で利用可能になる。

AirPodsの探すアプリ完全対応

WWDC21 Keynote 2202

iOS 15では、AirPods ProまたはAirPods Maxの位置情報を「探す」アプリ上で確認できる。紛失した場合、Bluetoothの信号を発信し、他のAppleデバイスが信号を探知する仕組み。探すネットワーク上で場所を中継し、位置の特定に役立てる。
WWDC21 Keynote 2207

近くにあれば「サウンドを再生」に対応する。
WWDC21 Keynote 2214

十分に近づけば、画面上でデバイスまでの近さを表示してくれる。
WWDC21 Keynote 2218

紛失する可能性を下げるために、手元から該当デバイスが離れた場合、ユーザーに通知する機能が追加されている。
WWDC21 Keynote 2227

「会話の強調」

「会話の強調」は、コンピュテーショナルオーディオとビームフォーミングマイクロフォンを利用し、目の前で話している人の焦点を向けて音声を聞き取る機能だ。
WWDC21 Keynote 2149

iPhoneから操作することで、周囲の音を調整できる。
WWDC21 Keynote 2155

「通知の読み上げ」

「通知の読み上げ」機能は、重要な通知を自動的に読み上げることができる。また位置情報とも連動。例えばスーパーに到着すると、買い物リストを読み上げてくれる。
WWDC21 Keynote 2171

有効化するアプリケーションは簡単に選択でき、新しい「集中モード」にも従い通知する内容やタイミングを調整できる。

空間オーディオがM1 Mac、tvOSに対応

空間オーディオが、M1チップ内蔵のMacおよびtvOSに対応する。
WWDC21 Keynote 2262

特集
関連情報
カテゴリAirPods
/
iOS 15
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 15」新着記事
トレンド検索