AirPods Pro/Max、最新ファームウェアで「探す」ネットワークに対応

ファームウェアバージョン「4A400」がリリース

Kreeson naraidoo Dwz Cmllk3w unsplash

Appleは10月5日、AirPodsAirPods Pro、AirPods Max向けに最新ファームウェア「4A400」を配信開始。AirPods ProとAirPods Maxは、iOS 15で提供された「探す」ネットワークに対応した。

AirPods Pro/Maxは従来、Bluetooth接続圏内でであれば「探す」アプリ上で表示されていた。最新ファームウェアの適用で、Bluetooth接続圏内から外れても「探す」ネットワークを利用することで、おおよその位置をアプリ上で表示可能になる。

「探す」ネットワークとは、10億台におよぶApple製デバイスを使用し、デバイスからのBluetooth信号を検知することで、位置情報を持ち主に中継する仕組みだ。

AirPodsのアップデートを手動で適用する方法はない。ファームウェアバージョン確認およびアップデートは、iPhoneに接続された状態で充電ケースの中に両イヤピースが収納されている必要がある。詳細は以下の記事を参考にしてもらいたい。

(Source: MacRumors

AirPodsシリーズのファームウェア更新情報

11本の記事を表示する
関連キーワード
公開情報
更新日2021年10月06日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「AirPods」新着記事
トレンド検索