AirPods Max、最新ファームウェアで電池消費問題を修正か

「3C39」で省電力性能が改良された可能性

Ravi palwe bWqFxSqYTR8 unsplash

Appleが3月10日に配信したAirPods Max向け最新ファームウェア「3C39」により、Smart Caseの電池消費問題が解決された可能性がある。一部のAirPods Maxユーザーから、Smart Caseに入れた状態で電池残量が減ってしまう不具合が指摘されていた。

Smart Caseを使っていなくても電池が減らない仕様に?

不具合を確認していた開発者Guilherme Rambo氏が、ファームウェア適用前後の電池消費を紹介。アップデート後、電池消費が緩やかになっている。

Smart Caseを使用していない場合でも、電池消費は抑えられている。ファームウェア適用前は、一晩放置しておくだけで電池残量が10%以上も減っていたが、アップデート後は数%に留まっており、改善が見られる。

9to5Macによると、最新ファームウェア「3C39」はSmart Case装着から30分後、低電力モードに切り替わる仕様になったと指摘している。従来は収納から18時間後だった。事実ならばサポートドキュメントが更新されているはずだが、記事執筆時点では変更は確認できていない。

関連情報
カテゴリAirPods
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「AirPods」新着記事
トレンド検索