Anker、最新ノイキャン・LDAC対応の完全ワイヤレスイヤホンを発売

Soundcoreシリーズ史上最高音質の「Soundcore Liberty 3 Pro」を発売

Anker Soundcore LIberty Pro 3

Ankerは11月4日、オーディオブランド「Soundcore」より最新の完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty 3 Pro」を発売した。通常価格は19,800円。カラーバリエーションは、ホワイトブラックの2色展開だが、11月手順にはアイスブルー、ライトパープルの2色が追加される予定だ。

Soundcore Liberty 3 Proの特徴として、5つ紹介したい。

Soundcore Liberty 3 Proの特筆するべき5つの特徴

ウルトラノイズキャンセリング 2.0

1つ目は、 Anker独自技術の「ウルトラノイズキャンセリング 2.0」対応。従来はSoundcore アプリ上での切り替える仕様だったが、進化したバージョンは外部環境を認識し自動で切り替わる。より高い利便性と音楽鑑賞に集中できる没入感を実現した。

Liberty3pro Listing 211021 07

2種類の外音取り込みモード

2つ目は、2種類の外音取り込みモード。外での歩行時やランニング時に最適な「全ての外音モード」と、会話やアナウンスを聴くのに最適な「音声フォーカスモード」が利用できる。切り替えは、Soundcoreアプリ上で行う。

LDAC対応

3つ目は、高音質コーデック「LDAC」のサポート。iPhoneとiPadは対応しないが、ギジュ的にはより多くの情報量が伝送可能になることで、原音に近い臨場感や立体感あるサウンドを楽しめる。

Liberty3pro wh Listing 211025 03

A.C.A.A 2.0(同軸音響構造)の採用

4つ目は、Anker独自の音響構造「A.C.A.A 2.0(同軸音響構造)」の採用。低音を表現するダイナミックドライバーと、高音域の滑らかな音を表現するバランスドアーマチュアドライバーを一つのモジュールに統合して同軸上に配置することで、高音から低音まで高度に調和した丁寧かつクリアな音色を実現している。

マルチポイント対応

5つ目は、マルチポイント対応。同時に2台の機器と接続することが可能になり、Bluetooth接続を都度切り替える必要がなく、スマホで音楽、PCでオンライン会議などの使い分けをスムーズに行うことができる。
Liberty3pro wh A+ 1025 10

ユーザーへの最適化機能も充実、長時間バッテリーも健在

本体は、前モデル(Soundcore Liberty 2 Pro)と比べて小型化。IPX4準拠の防水仕様で、充電ケースはワイヤレス充電に対応。電池持ちはAirPods 3に匹敵する長時間駆動で、ノイズキャンセリング有効時でも、イヤホン単体で最大6時間利用できる

音楽や通話の各種操作は、左右のイヤホンをタップして行う。ユーザー自身の聞き取りやすさに合わせて音を調整してくれるHearID機能に引き続き対応。4種類のイヤーチップに最適なサイズを計測する、密着感の測定機能も用意されている。
Liberty3pro wh A+ 1025 13

Soundcore Liberty 3 Proの仕様

  • 通信方式:Bluetooth 5.2
  • 重さ(ケース含):約59g
  • 対応コーデック:SBC / AAC / LDAC
  • 防水規格:IPX4
  • 充電時間:約2時間(USB-C ケーブル充電時) / 約3.5時間
  • (ワイヤレス充電時)
  • バッテリー(通常モード):最大8時間(イヤホン本体のみ)/ 最大32時間(充電ケース使用時)
  • バッテリー(ノイキャン有効時):最大6時間(イヤホン本体のみ)/ 最大24時間(充電ケース使用時)
公開情報
更新日2021年11月04日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「イヤホン」新着記事
トレンド検索