ワイヤレス充電対応の「AirPods」用ケース、サードパーティ製品でも充電可能か

AirPods and Wireless Charging 01

Appleは昨年9月「AirPowerマット」および「AirPods」をワイヤレス充電に対応する専用の充電ケースを発売すると発表した。約1年後、未だに発売されていない。

次期iPhoneに同梱されるUSB-C電源アダプタの実機写真を投稿した充电头网によると、ワイヤレス充電対応の「AirPods」用ケースは「AirPowerマット」だけではなく、サードパーティ製品でも充電可能であると伝えている!

Qi対応のワイヤレス充電台であれば充電可能か

Appleのサプライチェーンから入手したとされる情報によると、サードパーティ製ワイヤレス充電でもQi規格に対応したものであれば新しい「AirPods」ケースも充電できるとのこと。現在iPhoneを充電するために使用しているものも利用できるということになる。

Apple Watchの場合、Qi規格に則っているものの、Apple独自仕様にカスタマイズされているため、基本的にはApple純正の充電アクセサリーしか利用することができない。「Apple Watch Series 3」に限り、マルチコイル仕様であれば技術的には充電できることが分かっている

ワイヤレス充電対応の「AirPods」ケースの価格は未だに分かっていない。昨年9月時点では69ドルで年末までに発売されると噂されていたが、実現されず。

充电头网によると、「AirPowerマット」の価格は約16,000円で2018年9月に発売されると伝えていた。

もっと読むAirPodsまとめ