iOS 12:AirPodsに「ライブ・リスニング」機能が追加

AirPods and Gori

iOS 12」には「AirPods」を補聴器のような使い方ができる「ライブリスニング(Live Listen)」機能が追加されているとTechCrunchが報じている。

もちろん、この「AirPods」による「ライブ・リスニング」機能は補聴器の代わりになるものではない。

注意:補聴器を置き換えるものではない

この機能は「Made for iPhone」補聴器に対応するデバイス向けの機能として2014年に開発。

有効にすると、iPhoneがマイクとして利用することができ、その音声を対応補聴器で受信することが可能になる。今回は対応機種として「AirPods」が加わり、同様に音声を受信することができるようになった、ということだ。

これは特に混み合った空間で、耳が不自由な人が少し離れた位置で友人と話したい時に役立つ。iPhoneを友人の近くに置けば声をiPhoneが聞き取り、AirPodsで聞き取ることができるからだ。

補聴器が必要なほどではないが、少し耳が遠くなってきたという親御さんには便利かもしれない。まだ僕の親は元気もりもり系夫婦だが、いずれ必要になった時に渡してみようかな。

iOS 12」に関する最新情報は「iOS 12まとめ」からどうぞ!

もっと読むAirPodsまとめ
もっと読むiOS 12まとめ