「AirPods 2」は高速ワイヤレス充電に対応、「Apple Pencil 2」のようなコーティングを採用か

AirPods and Apple Pencil 2 01

これまで報じられている情報によると、「AirPods 2」は現行モデルから基本的な外観を踏襲しつつブラックモデルの追加音質の改良ワイヤレス充電に対応すると噂されている。

『XDA Portal』のライターであるMax Weinbach氏は3月3日、自身のTwitterでAirPods 2」は高速ワイヤレス充電に対応し、Apple Pencil 2」のようなコーティングを採用すると明らかにしている。

本体への負担が大きすぎない?15分間でフル充電に疑問

Weinbach氏によると、新型「AirPods」はケースとイヤホン本体を同時に0%から100%までわずか15分間で充電できるという。ただし、その代償として本体は現行モデルと比べて一方向に大きくなり、重くなるとのこと。

ただ、この高速ワイヤレス充電の実現可能性については疑問がある。現行の「AirPods」ケースには電池容量398mAhのバッテリーが内蔵され、次期モデルも同程度だと仮定した時に、この容量を15分間で高速充電できるのはとてつもなく早い。

iPhone XS」の電池容量は2,659mAhとなっていて、高出力のUSB電源アダプタと「USB-C – Lightningケーブル」と組み合わせると30分で最大50%まで回復する高速充電が利用可能。単純計算ではあるが、15分で25%まで回復するとしたら約650mAh相当になるが、これに近いスピードをワイヤレス充電で実現するのはデバイス本体に掛かる負担は大きいと予想される。

「Apple Pencil 2」のようなコーティングについては詳細は明らかになっていないが、Apple公式サイトを見ると本体の仕上がりを「マット仕上げ」と表現し、実際に「AirPods」と比べてみると多少グリップ感が感じられる。

Apple Pencil 2 Matte

このコーティングを採用すれば装着時のグリップ感は増し、形状が合う人であれば耳から抜け落ちるリスクがさらに軽減されることが期待できそうだ。

次期「AirPods」に関するその他の情報は下記からどうぞ!

(via iPhoneHacks