「AirPods 2」の新機能・発売日・新カラーなどの噂まとめ

AirPods Black Model Concept Image 2

Appleの完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」が2016年12月13日に販売開始されてから2年以上が経ち、ついに新しいモデルが登場すると噂されている。

発売当初から毎日のように使い続けている人はそろそろ本体のバッテリーが限界に近いはず。僕の周りでも電池持ちがあまりにも悪くなったため、新モデル登場が待ちきれずに買い替えたという人も少なくない。

AirPods 2」と呼ばれている次期モデルの外観・デザイン、搭載される新機能、発売日、カラーモデルなどこれまで報じられきた噂をまとめたので、参考にどうぞ!

完全ワイヤレスイヤホン「AirPods 2」に関する最新情報

約2年ぶり、発売時期によっては3年ぶりのアップデートとなる新型「AirPods」だが、これまで報じられきた情報によると本体の見た目は大きく変わることなく、今までなかった新機能が盛り込まれる見通し。

加えて、現行モデルではホワイトしかない本体カラーに他のカラーも加わるとの噂もある。これまでの情報をまとめると下記の通り:

以下にこれまで報じられている情報をより詳しく解説しておく:

製品名

一部では「AirPods」の次期モデルという理由で「AirPods 2」と呼ばれているが、現時点でAppleから正式な言及があるわけではないため、正式名称は不明。

デザイン・カラーバリエーション

AirPods Black Model Concept Image 3
EverythingAppleProの動画よりキャプチャ

「AirPods 2」で最も注目されているのは、ホワイト以外のカラーモデルが追加されると噂されていること。

MySmartPriceの情報によると、ブラックモデルが追加されると伝えている。本体上部にはGoogleがPixelシリーズに使用しているコーティングを採用し、グリップ力が改良されていることも伝えている。

経済日報も同様に新モデルがブラックモデルと新コーティングを採用すると伝えていることから、ブラックモデルが登場する可能性は高まっている。

音質

様々な音楽ジャンルでも、動画の音声でも、ポッドキャストでも、幅広いジャンルの音を無難にこなす「AirPods」現行モデルの音質だが、次期モデルは低音域が強化され、音質が改良されているMySmartPriceが伝えている

今まで”ベース不足”を「AirPods」の欠点であると感じていた人でも満足できる音質に進化しているかもしれない。

新機能

AirPods and Wireless Charging 01

「AirPods」の新モデルは当初、Appleが「iPhone X」と同時に発表したワイヤレス充電台「AirPower」マットと同時に発売されるはずだったが、延期に延期が重ねられ、どちらの製品も未だに日の目を見ることができていない。そのため、次の「AirPods」はワイヤレス充電に対応すると見られている。

ワイヤレス充電対応の「AirPods」用ケースはサードパーティ製品でも充電できる、というもある。2018年8月に中国メディアが報じて以来、新しい情報はないが、ケース本体が独自仕様のないQi規格であれば現実的にあり得る。

iOS 12.2」のベータ版の中には「Hey Siri」に対応している示唆する情報を9to5Macが発見。本体を操作する必要がなく、呼びかけるだけでAppleの音声アシスタントを起動できる仕様になっていると見られている。

AirPods 2 Hey Siri

Digitimesの情報によると、次期モデルはヘルスケア(健康管理)機能に対応し、MySmartPriceも新しいセンサーを搭載していると伝えている。具体的にどのような機能が提供されるのかはわかっていない。

『XDA Portal』のライターであるMax Weinbach氏は「AirPods 2」はケースとイヤホン本体を同時に0%から100%までわずか15分間で充電できる高速ワイヤレス充電に対応し、Apple Pencil 2」のようなコーティングを採用すると伝えている。

Bloombergが昨年2月に報じた情報によると、次期モデルはApple内部で「B288」と呼ばれ、新しいApple製のチップを搭載すると伝えていた。

過去にはノイズキャンセリング機能の搭載防滴仕様という噂も報じられているが、これらは次に登場するモデルに採用されるかどうかはわかっていない。

バッテリー(電池持ち)

MySmartPriceの情報によると、電池持ちは現行モデルと大きく変わらない見通し。

発売日・予想価格

MySmartPriceは、「AirPods 2」の価格は、約40ドル(約4,000円)の値上げがされ、約200ドルになる伝えている。一方、経済日報は新モデルの価格は変わらないと主張している。

アナリストのMing-Chi Kuo氏は2018年12月、新しいモデルの充電ケースにはリジッド・フレックス・ボード(Rigid-Flex基板)と呼ばれる部品を採用し、ワイヤレス充電に対応するために充電ケースもデザインが改良されるため、ヒンジ部分の部品価格が最大60%ほど値上がりすると予想していた。

新センサーや新コーティング、音質の改良など様々な分野で製品品質が向上していると期待されることから、価格は現行モデルよりも値上がるする可能性の方が高いと個人的には考えている。

発売時期は意見が割れている。情報精度に信憑性のあるリーカーOnLeaks氏はワイヤレス充電ケースを先行して近日中に発売し、ブラックモデルなど新機能を追加したモデルは今秋発売伝えている

Digitimesは一貫して2019年前半発売と複数回報じている

Ming-Chi Kuo氏は「AirPods 2」は2019年前半に出荷する予想しているが、あくまでも出荷なので発売が下半期にずれ込む可能性はゼロではない。

Applesferaは3月29日に発売されると報じているが、過去にApple関連情報を報じた実績がないメディアであるため、信憑性は定かではない。