Bose、新型ワイヤレススピーカー「SoundLink Revolve/Revolve+」を発表!防滴仕様、12時間以上の長時間駆動

Bose SoundLink Revlove

Boseは18日、同社のBluetoothスピーカー史上最高の性能を誇る新型ワイヤレススピーカー「SoundLink Revolve Bluetooth speaker」と「SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker」の2機種を発表した。

フルレンジの高音質トランスデューサー、振動を抑え超低音域のサウンドを生み出すデュアルパッシブラジエーター、ひずみのないスムーズなサウンドを実現する堅牢な筐体、360度にサウンドを拡げるための音響ディフレクターを組み合わせることによって重厚でパワフルなサウンドを実現。

また、IPX4準拠の防滴仕様であるため、突然の雨やプールの水しぶき程度であれば本体に影響を及ぼすことなく使うことができる。屋外のイベントが増えるであろうこれからの季節に大活躍しそうな予感だ!

SoundLink Revolve Bluetooth Speaker 2

Siriにも対応!三脚に取り付けることも可能

新たに発表されたのは「SoundLink Revolve」と「SoundLink Revolve+」だが、違いは何だろうか。

より大きくハンドルが付いている方が「SoundLink Revolve+」。電池持ちも16時間と「SoundLink Revolve」より4時間ほど長く、大きいサイズを活かしてより迫力のあるサウンドを提供することができる模様。
SoundLink Revolve+ Bluetooth Speaker

要は音質と電池持ち、ハンドルの有無以外は同じ仕様ということのようだ。

SoundLink Revolve SoundLink Revolve+
連続再生時間 最大12時間 最大16時間
サイズ 82mm x 152mm x 82mm 105mm x 184mm x 105mm
重さ 0.67kg 0.91kg
ハンドル
Bluetooth
Wi-Fi
無線到達範囲 約9m
充電時間 約4時間
カラー トリプルブラック / ラックスグレー
価格 27,000円 37,800円

「SoundLink Revolve/Revolve+」は本体上部に各種ボタンが用意され、中央にはSiriやGoogle Nowを起動することができるマルチファンクションボタンが用意されている。

SoundLink Revolve Bluetooth Speaker Triple Black top

本体下部はユニバーサルマウントに対応しているため、三脚などに取り付けることも可能。また、別売りの充電用クレードルをセットしておけば置くだけで充電することができる。

また、「SoundLink Revolve/Revolve+」を2台用意することができれば「Bose Connect」アプリを使用して2台をワイヤレス接続できる「パーティーモード」も利用できる。

「SoundLink Revolve」と「SoundLink Revolve+」は4月28日(金)に発売開始予定。既に予約を受け付け開始しているので、気になる人はチェックしてみるべし!

FOLLOW / 最新情報を購読